A201 使用経過リポート Jun.17,2018




製作直後、新品の状態です。
こうやって改めて見ると、新品の時ってほんとに白かったんだな〜
Jul.20,2003



0000000000





「ぬめ革の鞄を使い始めるとき」 で紹介しているように
一週間日焼けさせた後の状態です。
Jul.27,2003






一ヵ月半ほど経過した状態です。
この頃まで大きな色の変化が続いていました。
この写真を撮影したすぐ後に
「取っ手10を修正する」 で紹介したような改造を行いました。
Sep.06,2003






1年経過後の状態です。
色の変化は穏やかになってきました。
傷つきやすく汚れやすい革なので、ご覧の通りの状態ですが、
あまりひどい雨染みは付いていません。

手に持ったまま片側が開けられる「暁型」としての機能には満足していますが、
鞄内部で取っ手側の蓋を固定している横引き鍵のダイアルが回ってしまうと
見にくくて合わせるのが大変なので、
ダイアルの表面に革を貼り付けて回らないようにしました。
Jun.12,2004


0000000000




2年経過後の状態です。
傷や汚れは増えていますが、あまり気を使うことなく使ってきた割には
思ったほどひどい状態にはなっていません。
Jul.17,2005


0000000000




3年経過後の状態です。
細かい傷や雨の染みは増えてはいますが、昨年とあまり変わらない状況です。
色の変化もほとんど感じられない。
Jun.24,2006


0000000000




4年経過後の状態です。
写真で見るよりも、実物は少しずつですが色が濃くなっていっているように感じられます。
何度かずぶ濡れにしましたが、あまりひどい雨染みにはならずにすみました。
それにしても この鞄、雨を呼ぶのか・・・
Jun.24,2007


00000




5年経過後の状態です。
持ち手の下側のところが、色濃く変化しています。
持ち手の付け根のところの革は耐久性は充分で びくともしてません。
Jun.29,2008


00000




6年経過後の状態です。
ここ2年間ぐらいは、ひどくずぶ濡れになるということもありませんでした
実は写真で見るよりも、もっと薄い色です。ぬめ革の色再現は何とかならないものか。
Jun.07,2009


00000




7年経過後の状態です。
雨のしずくの跡が付きました。お湯拭きをしてやると良いんだろうけど。
この色がどちらかと言うと近い感じの色合いです。
Jun.13,2010


00000




8年経過後の状態です。
お湯拭きをしました。それ以外ノーメンテです。
Jun.19,2011


00000




9年経過後の状態です。
Jun.02,2012


00000




10年経過後の状態です。
上部の左側に擦ったような傷ができました。
Jun.16,2013


00000




11年経過後の状態です。
脂分が抜けてかさかさしてきました。
左側上面にある擦ったような傷も、擦ったわけでもないのによりひどくなっています。
Jun.21,2014


00000




12年経過後の状態です。
ちょっと保革油を塗りました。
Jun.21,2015


00000




13年経過後の状態です。
Jun.26,2016


00000




14年経過後の状態です。
もう使われずに部屋の飾りになっています。
Jun.25,2017


00000




15年経過後の状態です。
Jun.17,2018


00000



< 雑感目次に戻る> 00000 < 作品集 A201 へ >